HMBで体重の減量や増量ができる?

HMBで増量するのはなぜ?

HMBで増量するのはなぜ?

減量にも増量にも効果があることで知られているのが今大きな注目を浴びているHMBです。HMBで増量すると言われている主な理由は、HMBが筋合成を促進させる効果を持っているからです。

この作用をもう少し詳しく説明してみますと、一般に筋肥大というものは、筋肉のもとになるタンパク質の合成作用が分解作用を上回る結果として生じると言われています。

そのため、筋肉量を増量させたいと思うなら、筋タンパク質の合成作用を高める必要があるわけです。

HMBにはタンパク質の合成作用を高めるmTORと呼ばれる酵素を活性化させることができるため、この働きのおかげでトレーニング後の筋肥大が増大し、筋肉量が増量するというわけです。

HMBはなぜ減量にも効果的なの?

HMBはなぜ減量にも効果的なの?

HMBが減量にも効果的なのは、筋合成促進と筋分解抑制という2大効果を持っているからです。

減量にでも増量にでも活用することができるのがHMBで、沢山摂取すると筋肉量の維持や増量、筋力低下抑制や向上の効果を期待することができます。

糖質制限で減量する場合、筋トレと両立して行わなければ筋肉量は減っていく一方です。糖質制限中は筋肉量を維持するのが精一杯なので、いかに減らさずに体脂肪だけを減らしていけるかが重要になります。

減量時に一度減った筋肉量は取り戻すことはできませんが、HMBを使用すれば筋肉の分解を抑制してくれるので代謝が下がってしまう心配がありません。

更に筋合成を促進してくれるので、糖質制限によって筋肉量が減ってしまうのを防ぐことが可能です。HMBは、減量時に欠かせないリバウンド防止アイテムと言えます。

HMBの効果は摂取方法次第?

HMBの効果は摂取方法次第?

HMBが十分の効果を発揮できるようにするためには、正しい摂取方法で体に取り入れる必要があります。その一つは、効果的な飲み方ですが、普通は水と一緒に飲むのが最も無難な方法と言えるでしょう。

また、クレアチンやアルギニンなどとの併用によって効果は一層高くなるとも言われているため、これらと一緒に摂取することもできます。

加えて、HMBの効果を高めるための摂取方法として念頭に置いておきたいのは、摂取するタイミングです。勧められているタイミングは、筋トレ前、起床後、そして就寝前です。

筋トレの前に飲むなら、筋肉が傷ついて分解されるのを防ぐことができますし、吸収率が良くないHMBを数回に分けて飲むことによって効率良く吸収されるからです。